インテリ塾講師をノーグダで抱けた一部始終

マッチングアプリ/ネトナン

ども、ナツです。

 

マッチングアプリで「電話→アポ」という流れを試してみたら、27歳インテリ塾講師と2回めのアポでノーグダセックスできました。

 

この女性は

  • 27歳、塾講師5年目
  • 国語・数学・英語・理科・社会、ぜんぶ受け持ってる
  • なぜか沖縄民謡に詳しい
  • シェアハウス住んでるのに家庭菜園やってる

という、なかなかインテリかつ多趣味な面白い女性でした。

 

女性のニーズをしっかり把握して提供できれば、セックスまではわりと簡単に行くな~という話です。

ファーストコンタクト(電話)

まずは僕がアプリでいつもやってるのと同じ流れでメッセージしていき、電話を取りつけました。

 

電話開始30秒で、さっそく距離縮めのために壁を壊すチャンスが来たので活用。

 

女性:わりと塾講師なんで、いつもこのくらいが帰宅時間みたいな感じでして
ナツ:
うんうん
女性:
はい、あのー、そもそも授業が終わるのがいつも10時くらいになるので
ナツ:
なんかね、喋り方もまだ先生っぽいですもんね笑
女性:
ふふふ笑、そうですかね笑
ナツ:
今なんかもう、三者面談の出だしみたいな感じでしたよ笑
女性:
あはは笑、よく言われます
ナツ:
まぁなかなかすぐにね、オフモードで「チーッス」とはならないですよね
女性:
そうですね笑、なかなか

 

女性の言い方が堅いのを使って、開始30秒でかなりくだけたいい雰囲気を作れました。

ちなみにわかる人にはわかりますが、このやり取りではエリクソン催眠のフレーズも使ってます。笑

 

そのくだけた雰囲気を逃さないよう、会話を深めていきます。

まずは流れそのまま、仕事の話。

 

ナツ:塾講師なんてバイトでもブラックだって評判なのに、正社員なんて余計ね
女性:
ふふふ笑、そうなんですよ、よりブラック度が深まる。笑

ナツ:じゃ自分の時間とかあまり取れないってこと?
女性:
そうなんですよ、ほんっとにワークライフバランスが激悪でして
ナツ:
激悪。激悪なんだ。
女性:
ふふふふふ。笑
ナツ:
だいぶ悪いことは伝わってきましたね。笑

 

という感じで、相手女性が間違いなく思っている「会社のブラック具合」を共通ネタとして、距離感を縮めていきました。

 

そしてある程度、お互いの距離感が縮まってきたら、すかさず恋愛の話を振って深い価値観を掘り下げていきます。

あまり電話がグダつかないよう、開始後10分くらいで振っていきました。

 

ナツ:やっぱ男に対しても(教養の)幅広さとかは気になるんですか?
女性:
そうですね、通り一遍の人生を歩んでる人よりは、色んな経験してる人のほうが
ナツ:
大事っすよね。え、今までの人生で一番好きだった人はどんな人だったんですか?

 

という感じで、恋愛に関する相手の価値観を掘り下げていきました。

もちろん共感とかも大事ですが、狙いは「相手の好む男性像を提供できるよ」と後々体現するため。

 

おおむね「ふてくされても仕方ないくらいの逆境も、めげずに努力して乗り越える男」が好きなのが把握できたので、その段階で翌週のカフェアポを取りつけました。

ここまで40分くらい。

初回のアポ(渋谷のカフェで1時間半)

40分の電話で、このインテリ女性は今まで

勉強熱心で、そして逆境でも腐らない男を好きになってきた

という共通の傾向がありました。

 

となれば後は実際にアポで会ったら、僕がこの要素をわりと持ってるよということを、露骨じゃない形で伝えられればOK。

 

というわけで、自分の過去のエピソードの中から、

  • 幼少期に日本人と外人の両方からイジメられた
  • 幼少期を海外で過ごしたから、日本に戻ってから「本音と建前」のカルチャーに苦しんだ

などを乗り越えるまでのストーリーを話しました。

 

リスペクトを感じてもらえたのか、より深い、ドロドロした部分もさらけ出してくれました。

 

わたし小さい頃、軽めだけど教育虐待みたいなのされてて…点数悪いとクソミソに怒られるみたいな。だから勉強するのがめちゃくちゃ憂鬱で…

しかも小さい頃からけっこう俯瞰するクセがあったから、また小学校とかだと周りにもイジメられてたんだよね

 

こうなったらしめしめです。

あとは「ふむふむ。それは大変だったね…」と聞いてあげるだけ。

 

しかも締めに

やっぱり人生経験の幅がある人じゃないと、こういう苦労とかってあまり理解してもらえないから、男としてはないなって思っちゃうんだよね

 

正直、食いつきという意味ではここで勝負あったかなという感じです。

実質、「あなたは男としてアリですよ」と降参してるようなものなので。

 

あとは男らしく打診するだけだな~と感じた僕は、

正直会ってみて、すごく〇〇さんの事いいなと思ったんで、もうちょっと一緒にいましょ

コンビニでアイスでも買って、ゆっくりしましょ

とストレートに言いました。

 

ところが相手の答えはNO。

私お楽しみは後日にとっておくタイプなので笑
お楽しみはまた後日、次会った時とかに笑

 

まぁいきなりYESをもらえるわけはないので想定内でしたが、

わざわざ「次会った時」と指定してくるあたり”ほぼYESなNO”です。

 

なぜなら基本的に女性は軽く思われたくないので、「次会ったら(ヤりましょう)」まで言ってくれてるのは、食いつきがかなり高い証拠だからです。

 

ということはたぶん、毛の処理とか生理とか、そういう理由でのNO。

 

となると、変に粘ると逆に「ヤりたいだけじゃん」と思われるリスクがあるので、サクッと引き下がって見送りました。

でも食いつき高いのにふつーに解散するのもな~てことで、解散間際に改札でキスしときました。笑

 

実際、解散後にすぐ「次会えるのが楽しみ」というニュアンスのLINEが来ましたし、

断られたとはいえ、セックスに誘って解散した後に送られてきたので「実質セックスOK」

 

解散した翌々日には、向こうから次回打診が来ました。

 

ぶっちゃけ、すでにセックス前提で誘った後で、向こうからまた誘ってくるというのは、相当食いつかれてます。

もはや「次は抱けよ?」と言われてるレベル。

 

こうなるともう、調子乗って余計なミスさえしなければ、何の変哲もないふつーの会話で抱けます

実際、ふつーにご飯の約束して、ふつーに会って、ふつーにノーグダで自宅に連れ込みました。

 

会話内容といえば、塾の生徒たちの間でなにが流行ってるとか、家庭菜園やるとアリがすごい憎い敵になるとか、そんなしょうもない話だけです。笑

まとめ:女性が求めてるものを提供すれば、セックスのハードルは意外と低い

以上が、インテリ塾講師をノーグダで抱いた流れとコツでした。

改めて思ったのが、女性が求めてるものをちゃんと提供できれば、女性は別にセックスを出し惜しみしないよな~、っていう。

 

「求めてるもの」って女性ひとりひとり微妙に違うので、僕ら男側の得意/不得意によっては提供が難しいときもあります。

けど僕の経験した限りだと、少なくともマッチングアプリレベルなら、だいたいは手が届くレベルのことしか求められてません。

 

「そうは言っても、どうやったら女性が求めてるものがわかるのさ?」と疑問に思う人もいるかも知れません。

僕がアプリ127連敗→2週間で3人とセックスするのに学んだ人の話を読んでみると、ヒントが見つかるかもしれません。

 

↓↓↓

手取り11万円の工場勤務マンが、有名女優と付き合うまで

 

この記事が、あなたの良きマッチングアプリライフの参考になれば嬉しいです。

ではまた!バイバーイ。

 

コメント